ドッグサロンSOL
高鍋町のドッグサロンSOLです♪トリミングを通して、ワンちゃんの健康管理を大事にしてお客様とワンちゃんに喜んでもらえるようなお店を目指しております(^o^)お気軽にご連絡下さい♪番号は、090-4485-2939です(*^_^*)
プロフィール

dogsol

Author:dogsol

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

いらっしゃいませ~

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジステンパーのお話♪
こんにちは!今日はジステンパーのお話を致します。
人は一度「ハシカ」にかかり、ワンちゃんは「ジステンパー」にかかると言われるほど、この疾病は昔から世界中によく知られている非常に恐ろしいワンちゃんの伝染病です。今やジステンパーの予防のためには一年に一度打つ
ワクチン接種が常識とはいえ、決して油断はできません。
「強い伝染力と高い死亡率」
犬ジステンパーは、ワンちゃんやそのほかの肉食動物にみられる、急性で高熱を発するウィルス性感染症の代表的な病気で狂犬病とともに伝染力が強力で、かつ死亡率の高い恐ろしい病気です。初期にはおもに高熱、鼻炎、結膜炎、下痢、肺炎など消化器と呼吸器の症状が現れ、放置しておけば末期には神経がやられてしまう感染症です。
ジステンパーが発症しやすい時期は、免疫状態にない1歳未満で、特に3~6ヶ月齢ぐらいの子犬がかかりやすいですが、まれに成犬で体力が弱っているときにも発症します。
ジステンパーは、ジステンパーに感染したワンちゃんの鼻汁、目やに、唾液、尿などが感染源となり、それを直接触れたり、ほかのワンちゃんの口や鼻から侵入していきます。なので、ジステンパーに感染したワンちゃんがくしゃみの飛沫を浴びても感染します。
ジステンパーに感染したら、脳神経がやられ全身が痙攣してしまう「てんかん」を発作してしまいます。
「予防」
ジステンパーに感染しないようにワクチン接種で予防しましょう。
今やワクチン接種をしてないとペットサロンやペットホテルやドッグランでのご利用が出来ないお店が増えてきました。
子犬は母犬の母乳から抗体を受け継ぎ、離乳後もこの抗体によって子犬はジステンパーから防御されています。
子犬のワクチン接種は抗体が消失してしまう生後3ヶ月前後に行うのが適しています。子犬の頃は週期をあけて2~3回ワクチン接種をします。動物病院の先生の指示に従ってください。
成犬のワンちゃんは一年に一度必ずワクチン接種を行って、皆様の大切なワンちゃんを伝染病から守りましょう(*^_^*)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://dogsalonsol.blog.fc2.com/tb.php/119-2bc3ff13
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。